バイクでもETCカードが利用できるか

二輪車でもETC車戴器が搭載されていれば、ETCカードを利用することができます。

二輪車のETCレーンの利用は、2006年11月より開始されました。

利用率は、全体の13%で、四輪車の場合は全体の87%が利用していることに比べると、かなり普及率が低いのが現状のようです。

その原因として考えられるのが、ETC車載器や設置費用等が高いからだそうです。

ETC車載器は、二輪車用のがあり、四輪車のより防水性、防塵性、耐振動性の優れたものとなっています。

その分、値段が高くなっているようです。

中には四輪車用のものを、二輪車につけている方もおられるようですが、これは、規定違反になりますし、誤作動する危険性もあるので、バイクの方はバイク用をきちんと購入するようにしましょう。

ETC車載器の大体の相場ですが、3万から4万円します。

これには、本体価格、セットアップ料金、取り付け工賃が含まれています。

二輪車でも、ETC割引があります。

割引額は、車種によて、また地域によって、時間帯によって違いがあるので、確認するようにしましょう。

以上のように、バイクでもETCカードを利用することができます。

バイクを運転している方が、料金所で現金を出すのは、車の運転をしている人より、面倒ですし、時間がかかるかもしれません。

しかしETCカードがあればその不便さがありません。

一次停止することなく、そのまま通過できますのでとても便利ですね。