ETCカードが使えないレーン

すっかり定着した感のあるETCシステム。

料金所で車を減速して小銭を用意して、窓を開けて係員の人に手渡し、おつりをもらってといった従来の料金所のシステムを、自動にしてくれる便利なシステムですよね。

年々ETC専用レーンが増加し、利用者もそれに伴って増加しているのですが、まだまだすべての場所が自動で通過できるとは限りません。

たまにETCカードの使えない料金所のあるエリアに出くわすこともあります。

入口はETCカードで入れたのに、出口にETCレーンがなかったり、その逆のバージョンがあることも。

あわててしまいますよね。

ETCカードを使って有料道路の入り口を通ったのに、出口がETCカード未対応だったら、ちょっと焦りますよね。

でも焦る必要はないんです。

出口はそのまま有人の料金所で、係員の人に入口で使ったETCカードを渡すだけです。

ブースの中で手続きをしてくれます。

レーンを間違えて一般レーンに入ってしまった、焦ったという時も、あわてずに係員の人にカードを渡しましょう。

カードに記録が残っていますから、ブースの中で手続きをしてくれます。

ただ、割引制度などの対応にならないケースはあります。

反対に、入口でETCカードが未対応だったら、とりあえず通行券を受け取って入口を入ります。

出口ではETC専用は人がいなくて対応ができないので、それ以外のブースへ出向いて通行券とETCカードを両方渡すとカードから決済してもらえます。

あわてずに人のいるブースへ行けば解決するので、臨機応変に対応しましょう。